Flexcom Pay

東日本のお客様
03-3206-1788平日 9:00~18:00
西日本のお客様
052-961-3683平日 9:00~18:00

もっと快適なクリニックを日常に

TOPICS

2021/09/27
クリニックEXPO東京(10/13〜15 幕張メッセ)にFlexcomPayが日本金銭機械にて出展されます。
詳細はこちら
2021/09/01
Flexcom Payの専用サイトをリニューアルいたしました。
2021/07/30
業界最小サイズのクリニック向け自動精算機「Flexcom Pay」新発売いたしました。

一覧へ

Flexcompayとは

Flexcom Payは、『会計待ちの時間を短縮したい』、『金銭授受のミスをなくしたい』、 『コロナ禍の感染症対策として会計を非接触にしたい』、『利便性向上の為にキャッシュレス 決済を導入したい』などの課題を解決するコンパクトかつ安価なクリニック・診療所向け 現金/キャッシュレス対応自動精算機です!

導入のポイント

圧倒的な価格を実現
圧倒的なコストパフォーマンスによりクリニック・診療所の窓口業務の効率化を図ります。
マルチ決済対応
現金決済はもちろん、クレジット、電子マネー、QRコード決済の主要ブランドに対応しております。
高機能・高信頼性
金銭処理機器メーカーの日本金銭機械(株)が市場で実績がある金銭ユニットを用いて開発・製造した精算機です。
業界最小サイズ
幅360mm 奥行250mm 高さ1525mmクリニック様に導入しやすいコンパクトかつ低コストの設計です。
レセコン連携仕様
違算防止、現金管理の省力化、会計の非対面化による感染症対策、待ち時間の短縮が可能です。
ARで業界最小設計!
スマートフォンのQR読取機能で
Flexcom Payの詳細説明や設置シーンを体験できます。 ~対応環境~
iOS13以上 Safari 最新版 Android8.0.1以上 Google Chrome 最新版
※Android端末搭載の標準ブラウザは未対応です。

https://www.less-ar.com/spacear/15db5948-d516-48e3-9575-670e0643ea23

マルチ決済対応

カード決済
電子マネー決済
コード決済

運用イメージ

⑥支払完了画面
支払い完了すると領収書、診療明細書、お釣りが出ます。処方箋の有る方はお薬引換券が発行され、受付への誘導案内が表示されます。こちらは処方箋の有る方の画面です。

機能概略

  • ❶ タッチパネルディスプレイ
  • ❷ 硬貨入金口
  • ❸ キャッシュレス決済ユニット(オプション)クレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応
  • ❹ 筐体扉開閉キー
  • ❺ 紙幣入出金口
  • ❻ 硬貨払出口
  • ❼ バーコードリーダユニット受付票、診察券読取に対応
  • ❽ プリンタ明細書、領収書、お薬引換券の印刷

表示部

10.1インチ(抗菌・抗ウイルスシート)・カラータッチパネルディスプレイ

プリンター

80mmサーマルプリンター

通信機能

LAN接続

現金決済機能

循環式紙幣識別ユニット、硬貨ユニット搭載

外径寸法(W×D×H)

360mm×250mm×1525mm

本体重量

約49kg

配置環境

100V

クレジット(オプション)

VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、DISCOVER

電子マネー(オプション)

Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

コード支払い(オプション)

d払い、PayPay、LINE pay、メルペイ、au PAY、Alipay、WeChat pay、カカオペイ、JKOPAY、VIA、BarTong、DANA

紙幣

受け取り
千円、2千円、5千円、1万円(1枚ずつ受け取り)
払い出し
千円※(1枚ずつ払出)
収納容量
回収部:約300枚
現金決済機能釣銭リサイクル部:約30枚(オーバーフロー紙幣は回収部に移動)

硬貨

受け取り
10円、50円、100円、500円(1枚ずつ受け取り)
払い出し
10円、50円、100円、500円(最大4金種同時払い出し)
収納容量
10円:約92枚、50円:約82枚、100円:約77枚、500円:約70枚
オーバーフロー庫:約150枚(100円硬貨換算)(オーバーフロー硬貨はオーバーフロー庫に移動)

保守

コールセンター 平日+土(日・祝祭日除く) 9:00~20:55
オンサイトメンテ当日対応受付時間 9:00~20:00(ベストエフォート対応)

  • ※釣札の千円紙幣の最大保持枚数は30枚です。
  • ※循環式の紙幣ユニットを搭載しており、受付した千円紙幣を釣札として再利用することができます。
pagetop